和モダンの和室ならば洋風マイホームにも溶け込む

言い方はちょっとダサいかもしれませんけれど、和モダンな設計の和室ならば、洋風な一戸建て住宅にも、しっくりと溶け込むものですから。実際にわが家には、和室があるのですけれど、なんの違和感もありませんよ。

ちなみに、和室だけが独立して隔離されている設計ではありません。和室があるのは一階リビングルームの片隅なのですけれど、全体にちゃんとしっくりと溶け込んでいますからね。それもこれも和モダンな雰囲気で設計してくれた設計士さんのおかげだと思っています。

わが家は一階リビングルームに吹き抜け天井があります。そしてリビングルーム内には階段が配されているという、いわゆるオープン階段なつくりなのです。そして同じフロアにはダイニングスペースとキッチンがあり、そして隅には同じくフラットフロアーで和室が配されているのです。しかし違和感なく溶け込んでいるのです。

それもこれも正方形の畳のおかげでしょうか。わが家を設計してくれた設計士さんの提案なのですが、わが家の和室は和モダンインテリアなホテルで使用されているような正方形の畳にしているのですよね。

しかも畳の編み目の向きも格子になるように組み合わされていますので、パッと見た目がかっこいいのです。かといってこの正方形の畳は一般的な長方形の畳と比べて値段が高いというわけではありませんからね。

それに畳だけではなく、襖にしても工夫されています。というか、和室の押し入れは紙でできた襖ではなくクローゼットに使うような板の引き戸にしていますので、これまた和モダンなステキなインテリアに仕上がっているのです。ですから要はやりようですから。和室をつけてもおしゃれに仕上げることはできるのです。

三重県でマイホームを建てるなら